世俗の話

現代、歴史世俗話

中東緊迫、東アジア空白で危機… 新世紀、日本人はどうする?(雑談)

f:id:yoshino-kei:20200108001801j:plain

 

こちらでは明けましておめでとうございます。

 

プライベートブログのほうで占星術の話題として2020年以降を想像してみたのだけど、あれはあくまでも星回りの話。

たとえば「トランプ大統領にとって運命を決する鍵は二種の言語を話す中国」と書いたことの根拠は星図以外に無い。

 

現実だけを眺めていればアメリカが本気で中国を相手にすることなど無いように思える。

トランプ氏とアメリカにとって中国対策は片手間のことで、常に本命と考え関心を向けている敵は中東なのだろう。

結局彼等は二千年間続いた宗教戦争から抜け出せない。やはりイデオロギーよりも宗教が優先するか。

 

上記事を書いた直後、年始からアメリカとイランの対立が激化。中東における緊迫感が俄かに高まってきた。

トランプ氏ツイートの背景にプロによる綿密な軍事計画があるとは思えない。票集めのためにイランを刺激するとは稚拙過ぎる。行き当たりばったりの素人さん、彼の政策で背筋が寒くなったのはこれで何度目だろう。

トランプ氏は本性では戦争が嫌いで人殺しが嫌、攻撃的な態度は表面的なものなのだが今度は本当に事が起きそうだ。大統領選を前に有権者へ本気を見せねばならないトランプ氏が引くわけにはいかないし、有名な司令官を殺されたイランも立ち向かわなければ筋が通らない。

 

恐ろしいのは中東ハルマゲドンもだが東アジアが空白となることだ。

世界が中東へ目を向けアメリカ軍も中東へ集中すれば、喜ぶのは中国。愚かな野望のまま世界征服の夢を叶えようとするだろう。

アメリカよ、本命を叩く前に背後を抑えなければならないというのは基本なのに、中途半端で終わらせて敵に背を向けるとは愚かなこと。

東アジアの不気味な後進国など少し経済を弱らせて脅せば大人しくしているはずと思っているらしい。少々中国を牽制したくらいで仕事が終わったと思っている。あのまま叩き続ければ確実に中共は終わったというのに。つくづく素人だ。

 

欧米人は東アジア人についてよく知らないのだと思う。感覚としてつかめないので関心も持てない。

欧米人の「中国民族」に関するイメージはなんと19世紀の「アフリカ植民地」に同等。

 

“彼を知り己を知れば百戦あやうからず”

かつてこの基礎を知っていたアメリカも、中国に関しては幼稚園児レベルの知識しか持っていないらしい。何故なら敵を知るための情報源となる中国育ちの中国人が、実は「中共人」であってまともな歴史知識を持たないから。

アメリカ人は(たぶん欧州人も)悠久の歴史文化を持つ中華人と、現代の文化崩壊した「中共人」とを完全に同じ民族だと思い込んでいる。「中華思想」と古代の漢文化を混同しきっている。

このように混濁した誤りの認識しか持たないなら東アジアを抑えきれるわけがない。

 

最悪のシナリオは中国-ロシアの旧共産圏連合が世界を征服すること。世界のイデオロギー地図が一気に塗り替えられ、逃げ場のないディストピアが成立するのは悪夢だ。

星回り的に見ても現実的に考えてもそれはないと思えるが、東アジアの空白で中国が調子に乗り暴走する可能性は高いだろう。

 

暴走した中国の良心*1へ呼びかけられるのはおそらく台湾人・日本人のみ。

極悪イデオロギーに狂ったゾンビども(完全に共産化し思考力を失った中共ロボットたち)のなかで、人間性を残した中華人を見極められるのは台湾・日本人だけ。何故なら台湾と日本にはかろうじて古代中国文化を理解する人が存在するから。*2

中国人のうち真っ当な思考を保った「人間としての生き残り=反共」は最低でも一割は存在するらしい。実際は潜伏しているだけでもっと多いと考えられる。彼等に呼び掛けて内外からゾンビの国を変化させなければならない。

 

現在、中国の二十代前後の若者のなかに相当の教養を積んだ知識人が存在する。私は彼等とネットを通じて少し話をしただけだが希望を抱くに充分だった。

香港人も勇気があった。でも香港人には本物の教養がなく頭脳が足りなかったと言える。

それ以上の人材が中国大陸にいる。彼等は東アジアと新世紀を救う希望の種となり得る

 

中国は一時期崩壊し、東アジアは洪水となるかもしれないが彼等がいれば大丈夫と思えた。いずれ文化が蘇るだろう。

日本人も、今からでは遅いだろうけど少しは自覚をもって古代の教養を取り戻して欲しい。アニメやマンガでも良い。

「人道主義(仁義)」と「東洋の高い精神性」を持って団結し、文化の支柱とならなければいけないよ。人類のために。

 

真の世紀末はこれから訪れると思う。

困難な時代となるだろうが、頑張って乗り切ろう。

私もそろそろ体力が限界なのだけど細々とでも発信を続けていくつもりでいる。

 

*1:政府のことではない、民間人の一部。共産主義者に良心などあるわけがない。

*2:日本人ではほんの一部の中国古典マニアだけだが。この中国古典マニアが東アジアを救う可能性を秘めている、それはここを読んでいるあなた方のこと。自覚して欲しい。